{Rental Gallery}

イラスト、絵画、イラスト、造形、写真など、いろいろなジャンルのさまざまな作品が展示可能です。

当ギャラリーでは作品をゆったり気持ち良く展示・鑑賞できることを第一に考えております。

展示スペースは出展者はもちろん、お呼びした来場者にくつろいでいただけるよう、ゆとりを持たせた配置が可能です。

広さがありますので、作品の多いグループ展にもおすすめです。もちろん個展も大歓迎です。

​また、ギャラリー主催者による企画展も予定しております。ご希望の方は連絡をお待ちしております。

​【①動物保護活動を応援したい】

 2020年以降の募集より、動物愛護活動を応援するギャラリーとして、「動物保護活動者(個人・グループ・団体)以下ボラさん」の活動紹介ブースと共催許諾いただける方に対して、優先的に格安で提供いたします。

​ 元々、ギャラリー主催の猫アート展では活動紹介ブースを初回から設けておりましたが、もっとオープンかつ、回数を増やそうと考えています。運営者が勝手に憧れ、目標とするギャラリーは、祖師ヶ谷大蔵の「gallery paw pad」さんです(勝手に憧れています)。

 売上金の何%を寄付に回すという余裕はまだありません。でも、表現する箱=ギャラリーとして出来ることをお手伝いしたいのです。

​【②動物関連もしくは①に賛同してくれる方】

 作品募集の内容も動物関連中心、または作品は動物関連でなくても、ギャラリーの主旨に賛同して下さる方にご利用いただければ嬉しく思います。

 動物保護活動の応援になるイベントでしたら、積極的に受け入れるつもりですが、その分、内容には事前の審査をしっかりさせていただきます。

​​ また、このボラさんと共催したい、というご希望や、最初からボラさん同伴の企画持ち込みも歓迎です。ただし、ボラさんについても企画同様、ある程度の審査をさせていただきます。特に指定の無い場合は、こちらでボラさんをマッチングいたします。​

​【③動物ボラさん募集】

 運営者は世に数ある保護団体全てに募金をすることはできません。また、選べません。でも何かしたいという気持ちは強いので、自ら手を揚げて下さるボラさんをお待ちしています。

 活動内容を記した掲示物の展示、バザー、募金活動、グッズ販売…。ボラさんブースには不適切な表現内容が無い限り、基本的にギャラリーは手出し口出しはいたしません。

​​ 「募金が集まります」とは言えません。一見何の反応も無いかもしれません。でも、損をすることはありません。​ギャラリー展示の一角に、ボラブースを置いてみませんか?無料です。1イベント1ボラなので、他所のボラさんと重複することはありません。

​【④何故①~③に至ったか】

 当たり障りなく自己主張弱めなギャラリーが良いと最初は考えていました。ところがそれは、「誰からも嫌われないようにして結果誰からも求められない」、作家さんにとっては活動内容の分かりにくい、怪しいギャラリーにしてしまったようです。本当にやりたいこと、表現したいのは何かを考えたら、猫を中心とした動物保護の応援を元々企画展でやっていたではないかということです。ただ、一般の参加者さんに気兼ねして「ボラ無料」を表明してこなかったので、この機会に「ボラ無料」とそれに賛同して下さる作家さんを大いに求めます。

​ ですから、急に動物保護活動に目覚めたのではありません。元々の事をよりオープンにしただけのことです。

【⑤運営者の抱える問題】

 C.A.T.Sの運営者は複数の業種を掛け持ちしている、いわゆる副業者です。レンタルスペース兼ギャラリーをやるために、他所で収入を得ています。そのため、企画・営業・運営・事務とも普通のギャラリーよりも遥に時間を要します。ギャラリーとしての実績がさっぱり分からないのは、本当にに企画が少ないから。ギャラリーの冠を付けているのは不適切とのそしりもあるのも事実です。レンタルスペーススペースとしての使用実績の方がはるかに多いの状態です。これは全く努力不足と非難されても仕方がないと反省しています。

 また、兼業のため運営者・井上の名前を出すと問題が出てくる場合があるため、直接交渉に入るまではフルネームを明かさない場合がありますことをここでお詫びいたします。

【⑥グッズ販売はほどほどに続けます

(ボラさんはおおいにどうぞ)】

 C.A.T.Sは最初は展示オンリーでした。しかしながら、猫アート展以外の企画ものをそれで通そうとしたら、(原因はそれだけではありませんが)さっぱり参加者が集まりませんでした。また、原価の一部でも回収したい作家さんのご希望もよくわかるので、2018年の秋から物販解禁にしました。

 何事にも例外はありますが、グッズ販売のみを目的とするご参加は基本お断りしています。やはり絵画は原画が一番美しく、作家さんの努力や工夫が見て取れるからです。それを直接目で見て欲しいと思います。とはいえ、それは写真やCGを否定するものではありません。オリジナル性の高いものや、良い!と思える作品はジャンルを問わず受け入れます。

{Rental Space}

ギャラリーとは異なり、ルールさえ守っていただければ、自由にお使いいただけます。周辺のレンタルスペースに比べて、割安な方だと思います。​それでもやっぱり動物愛護活動関係には割引してしまいます。

【実際の使用例一部】

​◆ダンスサークルのパーティ会場

◆ダンスの練習・レッスン場

◆朗読サークルの活動

◆バザー会場として

【猫の譲渡会会場として】

現在、2つの団体さんにご利用いただいています。(開催は別々です)譲渡会活動は競争するものではありません。やり方は多少違えども、同じ志を持つきちんとした活動者であれば、仇のように思ったりはしないと信じています。ルールをきちんと守って下されば、単発でも継続的でももう少し受け入れることは可能です。

© 2023 by Bunny Matthews Decorator. All rights reserved

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now